グルメな人事アドバイザーのブログ

グルメに関するサービスを立ち上げた元人事マンの起業ブログ

市場リサーチは足でかせぐ

自分のアイディアを伝えるうえで欠かせないプレゼン資料。

説得力を持たせるのにデータは有効な手段だ。

 

各種統計データや市場調査に基づき根拠ある説明ができているかはかなり訴えかける力に差が出てくる。

 

今回、自分のアイディアにニーズがあるか確かめるべく街に繰り出したのだが。。。

 

正直こんなにメンタルがえぐられるとは思わなかった。。。OTL

 

 

なかなか伸びない有効回答

 

50件の回答を得よう!」を目標に午後、主要駅に出て街頭アンケートをしてみたのだが、全く声をかける勇気が出ない。

正直こんな経験は久しくやってない。

人がうじゃうじゃいるのに全然声がかけられない。特に一人目はど緊張。

 

誰に声をかけよう?

忙しそうに歩いているなー。

みんなイヤホンして音楽聞いてるよ~。

 

とっても寒い日だったのに変な汗が出てきて。。

 

ようやく声をかけたと思うと、断られる。すっごいすっごい勇気を振り絞って聞いたのに、冷たくあしらわれる敗北感。不安、からの勇気、からの拒否。。。

 

ちーん・・・(TT)

 

 

 

ニュースで「街の人の声は・・・」といって放送されてるけど、取材班、こんな思いで人にインタビューしてるのね。

いや、でも腕章して、マイクと撮影用カメラ持ってるからそこは俺と違う。

身分を証明するものはなく、カメラもマイクもなく近寄って行って聞くんだから普通に怪しいだろ()

 

そりゃ断られる率高いわwww

 

それでも何とか30人!!

 

で、結果2日かけておよそ90人ほどに声をかけて、うち答えてくれたのが30人。

打率3割といったところだ。なんか途中で「断られる理由をアンケート取ったらいけるんじゃね?」って思ったぐらいだよ。

ちなみに多かったのは「人待ってるんで」って答え。

うん、だから声かけてるwww

あとはもう完全にシャッター下ろされて愛想なく拒否されるやつかなー

 

自分でアンケート取ってみて、街中で声かける難しさや観察力を学べたし、何より思っていた以上に街中の反応が違うなーってのが驚きだった。

 

一番得たのはためらいなく人に声をかけられるスキルかもしれない。

これは今後の営業に活かせるぞー!!

 

 

 

ということで、ネットで調べたデータを用いるのもいいけど、街に出て実際に声を聞くのもすごいためになるよーって話でしたwww