グルメな人事アドバイザーのブログ

グルメに関するサービスを立ち上げた元人事マンの起業ブログ

ニューヨークピザの進撃

最後の更新が9カ月前。。。

だいぶご無沙汰してました。。。

 

改めて絶滅危惧種と化している「ピザ」について、ありつくことが最近できたので想いを共有したい。

 

og-hiro.hatenablog.com

 

 

カフェファド

下赤塚にある個人経営の喫茶店

どうにかネット上にある情報をかき集め、今では珍しい「ピザ」を提供する数少ないお店だという情報を入手した。

 

f:id:og-hiro:20190215134913j:plain

大通りから一本入ったところのすぐそばにある。佇まいが完璧。



メニューを見て確信した

そのお店のピザがニューヨークスタイルかそうでないかはメニューを見れば一発で分かる。

 

f:id:og-hiro:20190215140137j:plain

f:id:og-hiro:20190215134607j:plain

そう、マルゲリータの文字が存在しないのだ。

メニューにあるのは「サラミピッツァ」や「コーンピッツァ」なるもの。

イタリア仕込みのローマ風だのナポリ風だの、そっちのピザではないことは明白だ。

 

せっかくなので、「ミックスピッツァ」をオーダー。

お連れの方は「オニオンピッツァ」。

 

f:id:og-hiro:20190215133824j:plain

冷凍ピザっぽい見た目だけど、焼きたてうまうまなピザ。

本当に玉ねぎしかない。この潔さ。あとは一面を埋め尽くすチーズ。

 

チーズはあくまでミックス

見てお分かりの通り、使われているチーズはミックスチーズ。

ニューヨークスタイルにモッツァレラやゴルゴンゾーラといった欧州のチーズは必要ない。

 

f:id:og-hiro:20190215134543j:plain

フチまでたっぷりのチーズと具をたっぷり食べさせてくれるほどの存在感。

そしてこちらがミックスピッツァ。

オニオンピッツァの後に出てきたせいか、やけに具だくさん。(当たり前なのだが。)

 

宅配ピザは味が濃くて喉がとても乾いてしまうが、こちらのピザ、チーズのアブラギッシュさはあるものの、具材が大きくフレッシュさも感じられる。

ピザ生地もおなかに溜まるほど分厚いものではなく、耳の部分はカリカリになるほどに薄かった。

 

1枚をペロッと・・・と言うわけにはいかない

Lサイズを注文したが、男性なら食べられる量。

とはいえ、チーズの脂が徐々に効いてくるので、後半キツイ。量の問題では無いので、お年を召された方には大変かもしれない。

 

食べてる間も地元の常連客と思しき人が出入りしていた。

厨房を見ると、若い方が焼き手を務めていたので、おそらく高齢による閉店、という事象はおそらく心配なさそうだ。

 これが消えゆくひとつの食文化なのか

なぜ日々生まれるレストランはイタリアを目指すのか。

流行に乗っかる形でそうしたお店が増える一方で、なくなっていく一つの食のジャンルがある。

どうにか後世にこの良さを伝えていくことはできないものか。

オシャレを気取って心変わりする客も、いつかは恋しさを感じるときが来るだろう。

 

ニューヨークスタイルピザの価値を再度見直すときが来ることを祈りながら、

カフェファドさん、いつまでも続くことを願ってます。

ごちそうさまでした。